私が長いサラリーマン生活の中で編み出した、辛い満員電車で有意義に過ごす方法を6つご紹介します。

まず、今の私の通勤状況はこんな感じです。

  • 片道1時間半(そのうち45分は満員電車)
  • 埼京線
  • 常に満員電車

上記のとおり過酷な状況ですが、次にご紹介する方法で、今は快適に過ごすことができています。 ぜひ参考にしていただければと思います。

ハウスを聴く

今の時代、音楽プレイヤーというものがありますので、音楽を聴くことは容易なことではないでしょうか。

イヤホンやヘッドホンなどがあれば、音を外に漏らさずに音楽を楽しむことができます。(安すぎるヘッドンホホは音が漏れることがあるためおすすめしません)

特におすすめしたい音楽のジャンルはハウスミュージックです。何故かというと通勤電車にとてもマッチする音楽だからです。

ハウスは他の音楽と違い、一定のリズムに乗せられ、静と動なる旋律が繰り広げられるといった特徴があります。

それはまさに電車が一定のリズムで線路の上を走り、外の変わりゆく風景を眺めるようなものです。

電車の揺れるタイミングと、ハウスの曲調が変わるタイミングが一致した瞬間は、妙な高揚感というか、グルーヴを感じてしまうこと請け合いでしょう。

SoundCouldやMixCloudなどのアプリで、DJが作った1時間位のミックスを聴くのが最高におすすめですが、 取り急ぎ一曲だけ試してみたいと思ったら、(少し古いですが、) Chemical brothersの 「star guiter」という曲がおすすめです。

電車の中から見える風景と曲が連動するMVも圧巻ですのでぜひ一度見てみてください。

なお、地下鉄通勤の方は、実験的なテクノやグリッチホップ、プログレッシブトランスなどがおすすめですが、理由はいつか別記事でお話しますね。

英語のリスニングする

通勤電車の中で過ごすときに意外とおすすめなのが英語のリスニングです。

通勤中やることがないからと言って音楽ばかり聴いていませんか?それは、せっかくの英語の学習機会を失っています。もったいない!

今すぐヘッドホンを外しましょう。そして耳を澄ましてみましょう。聞こえてくれはずです。たくさんの英語が。

車内アナウンスは、英語と日本語がセットで流れるので学習効率がとても良いです。繰り返し同じセンテンスが流れるので、何度も繰り返し聴いてみましょう。反復学習なので、記憶の定着もいいです。

リスニングだけでは英語力は身につかないのでシャドウイングしたいという方もいるかもしれませんが、それはおすすめしません。変な目で見られます。リスニングだけでも英語力は向上します。

2020年は東京オリンピックです。外国人が日本にたくさんやってくるので、ぜひ通勤中に英語をマスターしてたくさんの外国人と話してくださいね。

瞑想する

瞑想は静かな場所で、座ってするものという印象が強いかもしれませんが、そんなことはありません。本質は、自分が身をもって受ける感覚に集中することです。メカニズムはよくわかりませんが、感覚に集中することにより、なるべく思考することを止めようと努力することは、色々とメリットがあるらしいです。

妄想する

目の前にいるおじさんが、どんな人生を歩んでいるのか想像してみましょう。

今からどこへ向かうのか、今日はどんな1日を過ごすのか。どんな声をしているか。何が好きで、どんな問題を抱えているのか、想像してみましょう。

唐突に話しかけたらどんな反応すののか想像してみるのも楽しいですね。(実際にやってはいけませんよ。変な目で見られますし、迷惑ですから)

満員電車には、満員電車に乗っている人の数だけ人生があります。みんな多分違うことを考えていて、違うことを感じているはずです。

自分と同じ格好をした人は自分の思考回路に近い可能性があります。できれば、自分と全く違うような金髪のお兄さんを観察してみると良いでしょう。

また電車内での妄想といえば定番ですが、窓の外、電線の上にソニック・ザ・ヘッジホッグを走らせるのもおすすめです。

スノボの練習をする

足の幅を肩幅よりちょい広げて立って、トゥとヒールの感覚に集中してください。電車の小刻みな揺れは雪面のデコボコと、急発進や急ブレーキの感覚は斜度が変わった時の滑る感覚と似ています。

進行方向に対して左側を前にして横を向くと(つまり窓側を向いて立つと)、レギュラースタンス、逆を向くとスイッチスタンスの練習になります。(グーフィーの方はデフォルトが右足進行方向ですね)

進行方向に対して後ろ向きに立ちはしないでください。緊急停車すると逆エッジとなり大変危険です。

また、グラトリはしないでくださいね。とっても迷惑ですから。

退屈な満員電車をスノボの練習に使いましょう。これを続けると来年の冬、あなたはゲレンデのヒーローになれるでしょう。

ブログを書く

通勤中ブログを書くのもオススメです。この記事も通勤中の電車内で書いてます。

いかがでしたでしょうか。ほんとは20個書こうと思ったのですが、力尽きてしまいました。ブログを更新するって大変ですね。他にもこんな過ごし方あるよっていうのがあったら、ぜひとも教えていただけるとありがたいです。